フリーランスを目指す方へ

フリーランスを目指す方へ

経済成長の最中であったひと昔前の日本は、サラリーマン至上主義でした。その後バブルの崩壊や長引く不景気、そしてIT社会の到来など、社会情勢の変化とともに人々の働き方に対する意識も徐々に変化し「ワークスタイル変革」が起きています。理想の生き方を実現するために働き方から見直し、フリーランスとして独立や起業を目指す人も増え続けています。そしてビジネスシーン全体もフリーランスが活躍しやすい環境へと変化しつつあります。フリーランスにはデメリットもありますが、会社員のままでは得られないメリットがあるのです。

フリーランスを目指す方へ

会社員にはないメリットも

フリーランスが直面する厳しい現実は、不安定な収入や社会的な信用の低さなど数々ありますが、その半面自由という最大のメリットを享受することができます。仕事の単価を決めるのは自分であり、またどのような仕事を選択するのかも自由ですし、どのようなスケジュールを組んでも自由、そしてその仕事を完成させるための時間や場所も基本的には自由です。その上、会社勤めでは避けることのできない煩わしい人間関係からも解放されるのです。

会社員にはないメリットも

経費計上を知って節税対策

フリーランスになると、確定申告をして自分で所得税等を支払う必要があります。そもそも所得税の課税は総収入に対するものではなく、総収入から経費と一定の控除額を差し引いた「課税所得」に対するものです。従って、必要な経費をいかに漏れなく計上するかが節税につながります。たとえ自宅を仕事場に利用していても、家賃や通信費などを仕事に利用した割合に応じて経費に計上できます。ただし経費への計上には領収書やレシートなどによる証明が必要です。

経費計上を知って節税対策

法人化で信用を獲得

一般的に、フリーランスでは社会的な信用が低くても法人化した途端に信用が増すということがあります。これは法人化することによって個人と法人が別人格として認められるようになり、会社法などの規制を受けるなど責任が明確になるためです。そしてこの法人化によって、銀行からの融資を受けられやすくなるなど経営者としては頭痛の種である資金調達先の確保に役立ちますし、断られていた取引先との取引が可能になるかもしれません。

法人化で信用を獲得

おすすめ記事ピックアップ