フリーランスの光と影

フリーランスの光と影

光と影は一対のものですから、光が射すところには必ず影もできます。フリーランスという働き方は、会社員から見るとまぶしく光って見える部分が目立つかもしれませんが、当然影もあるのです。いざ独立しようとすると影であるデメリットの部分に目がいくために躊躇してしまうのです。その影をただの暗闇として見つめていても不安は解消されません。デメリットの正体をしっかりと把握し、解決策を練ることでようやく一歩を踏み出すことができるのです。フリーランスのデメリットとメリットを具体的に紹介します。

フリーランスの光と影

不安定な収入にまつわる不安

フリーランスになって一番の不安要素に挙げられるのは収入が不安定であることでしょう。会社勤めをしていれば毎月一定の収入が得られますし、万が一失業しても失業保険が受けられたり怪我や病気で休業を余儀なくされても労災保険が受けられるというように、手厚い保障があります。しかしフリーランスは基本的にはこのような保障が一切なく、従って自らの身を自ら守る強い覚悟をもって常日頃から備えを怠らないことが大切なのです。

不安定な収入にまつわる不安

会社員にはないメリットも

フリーランスが厳しい現実と引き換えに手にするものは自由です。会社勤めをしていれば会社の命令には絶対服従で、給与収入もある程度決められてしまいますが、フリーランスであればすべては自分の裁量次第です。単価の高い仕事を継続的に依頼してもらえれば収入も上がり、時間にも余裕ができます。しかも通勤電車に揺られることなく自宅でくつろぎながら仕事に取りかかれば良いのであり、また人間関係に悩むことも無くなるかもしれません。

会社員にはないメリットも

社会的信用による弊害

会社勤めを辞めてフリーランスになるということは、会社という後ろ盾を失うということです。会社に雇われているからこそ定期的な収入を安定的に得られるところを、収入の不安定なフリーランスになれば社会的信用は低くなるのが一般的な傾向です。そのため車や住宅のローンを組んだり、あるいはクレジットカードを作ることが難しくなります。また大企業などはフリーランスとは直接的には取引をしないということも珍しくありません。

社会的信用による弊害

おすすめ記事ピックアップ