低い信用への対策法

低い信用への対策法

フリーランスは会社員に比べて信用が低いというデメリットがあります。仕事上では企業との取引において不利になる場合があります。与信管理が厳しい企業の場合は法人であることが取引条件となることもあり、その場合は個人事業主では土俵に上がることもできません。プライベートでは会社員より高い年収を稼いでいるにも関わらず、クレジットカードを作る際の審査に通らない場合もあります。このような「信用に関するデメリット」への対策方法を紹介します。

低い信用への対策法

信頼される見積書の書き方

フリーランスが仕事の対価として適切な報酬を受け取るためにも見積書の作成は重要です。自分の仕事に対する値段が決まりますし、その価格で行う作業と行わない作業を明確にすることによって、無用のトラブルを防ぐことになります。特に様式が定められているわけではありませんが、宛先や発行者、発行日、見積もりの内容、消費税や源泉徴収額、納期などを記載するのが一般的です。業務内容に応じて着手金やキャンセル料の記載も必要かもしれません。

信頼される見積書の書き方

クレジットカードを作るコツ

会社勤めをしていれば簡単に作ることのできたクレジットカードが、フリーランスになった途端に審査が通らなくなるということも珍しくありません。収入が不安定でその収入の証明が難しいため致し方のないところではありますが、フリーランスになってからの事業に必要な場合も多く、従って前もって定期収入のある間にクレジットカードを作っておく方が無難です。なおフリーランスであっても、流通系のカードであれば比較的作成しやすいようです。

クレジットカードを作るコツ

法人化で信用を獲得

今や法人設立のハードルは低くなっていますが、それでもフリーランスが法人化すれば社会的信用が上がるのが一般的なようです。法人化することにより会社法などの規制を受けるため、株主や債権者への責任が明確になります。そして経営者にとって頭の痛い資金調達の問題も銀行の融資を受けやすくなったり株式や社債を発行することができるなどメリットがあります。またフリーランスではなく法人としか取引しない企業には法人化がマストになります。

法人化で信用を獲得

おすすめ記事ピックアップ